フクホーQ&A | 消費者金融フクホーのすべて

フクホー を知っていますか。注目の消費者金融フクホーでのキャッシング・借り入れについて、かつてフクホーの融資を受けた筆者が、消費者金融の審査やフクホーの口コミを分析・取材しながらどこよりも詳しく解説・ご案内したします。

フクホーの申し込みポイント

フクホーと複数の会社の掛け持ち申し込み

投稿日:2013-06-13 更新日:

◇申し込み件数が増えると信用低下を招く?

融資の申し込みをされる方の中には、同時に何社も掛け持ちで申し込みをされる方もいます。
しかし、やたら申し込み件数を増やすことは、その後の審査で信用低下を招くことになるため、賛成できません。

フクホー
などの消費者金融会社は借り入れの審査をする際に、必ず【指定信用情報機関】で他社の借り入れ額の調査をします。

消費者金融会社が指定信用情報機関に照会をした数は
○月○日(○件)
というように半年間は記録として残ることになります。

つまり過去半年間の間に、掛け持ちで消費者金融に申し込みをした件数がわかってしまうということです。
フクホーに申し込みした際にあまりにこの掛け持ちの申し込み件数が多いと、
・資金繰りに相当困っている人
・他の消費者金融で、何社も何社も断られた人
ということになり不審に思われてしまいます。
同日に何社も掛け持ち申し込みが集中していればなおさらフクホーでも審査が通りにくくなります。

フクホー
に申し込みをする前には是非注意をしてください。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

投稿者プロフィール

Itaru.Taguchi
Itaru.Taguchiライター
多数のサイトでライターを務める。特に専門分野はないがここ数年は金融情勢に関する取材依頼が多く、金融関係の執筆が多い。

-フクホーの申し込みポイント

執筆者:

関連記事

消費者金融 フクホー

フクホーへの申込みはボーナス時期がチャンス!

フクホー をはじめ消費者金融会社にとって6月~8月のボーナス時期は、例年、借入の申込みはどうしても落ち込みます。 また、ボーナスによって一括完済する方も多く、融資残高は減少しがちです。 そのような中、 …

消費者金融 フクホー

フクホーの申し込みには住民票が必要

◇申し込みに必要な役所関係の書類 フクホー を利用する際には『住民票』が必要になります。 この『住民票』は通常、居住地の市町村でだいたい300円くらいで発行しています。 この場合の住民票は&#8221 …

消費者金融 フクホー

フクホー、自己破産後の信用情報に注意!

◇自己破産した方も審査対象ですが・・・ フクホー は、自己破産した方も審査対象になり、貸付実績もあります。 しかし、フクホーに申し込みをする前には、注意が必要です。 通常、自己破産をして免責が決定すれ …

フクホーへの申込みは知名度が高いので注意が必要です!

今でこそ、自己破産や債務整理をした方を審査対象としている、中堅消費者金融会社は増えてきましたが、かつては、限られた会社しか対応していませんでした。 そのような中、フクホー は、かなり以前より、そのよう …

フクホーで高額融資が受けられる方

フクホー では金融事故者にも柔軟な審査をしていますが、その新規貸出金額は9.9万円~30万円ほどまでと顧客によって様々です。 では、9.9万円の方と30万円の方の差はどのような部分なのでしょうか。 消 …

某大手消費者金融会社に勤務歴があり貸金業務取扱主任者資格保有者である管理人が、
消費者金融業界の最新情報をどこよりも詳しく解説してゆきます。
貴方のキャッシングにお役に立てる情報が満載です!

当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。